全日本タイムトライアル/前半戦を終えて。

2016全日本タイムトライアルレースレポート

 

レース名: 全日本タイムトライアル

カテゴリー:MJ

距離:11.2km

天候:晴れ

コース:11.2km

ホイール:前PRO4バトン後PRODISK

ギア比:52×14

結果:2位TOP+00”24

 

シーズン前半戦最後のレース。勝つことだけを考えて走った。

コースはアジア選手権と同じだが1周減り11.2㎞のレースになった。自分としてはここでレースをするのは3回目。一番コースを走っていて自分に有利だと感じた。

 

前日の試走では後半にしっかりと踏むようにした。移動が多く練習できていなかったこともあり、試走の割には長めにしっかりと乗った。

 

レース当日。レーススタート70分前にアップ開始。徐々に上げていき体を慣らす。前日の感覚で走れるように心がけた。

アップ中にはコースをイメージしてライン取りを確認した。

 

レースは9:52にスタート。自分の前の走者がいなく前とは2分差でのスタートになった。

踏みすぎないことを心がけながら海岸線へ向かう。ストレートになってからは1回出力を確認してからポジションを気にして前だけを見てまっすぐ走る。

コース中盤の上りの後から踏み始め惰性を使いアップダウンをこなすがこの時点で身体が重たく呼吸が苦しい。

折り返し地点を通過し踏みなおすが身体がついてこなく、ペースが上がらない。ただただ辛いだけになり追い風の復路だったが全く踏めずに帰ってくる。ライン取りもきつくてめちゃくちゃでスピードも乗っていなかった。

ペースを戻すことができずにゴール。暫定ではトップタイムだったが後にスタートした大町選手に24秒の大差をつけられ2位に終わった。

 

レースを振り返ると自分のペースミスは明白。そして身体の準備がしっかりとできていなかった。特にペースのほうは前半に出力を1度見てこのままでいこうと決めた出力がそもそも高くそれを抑えなかったことが後半のスローダウンに繋がった。

反省点はたくさんあり、課題も山積み。後半戦に向けて苦い最終戦になったがやることは明白。世界の舞台で結果を出すことが後半戦の必達目標だ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今年はアジア選手権の大島で早めに準備しタイムトライアルで3位の結果を残したがロードレースは10位。上りの反復が課題だった。
その後ジュニア合宿などもあり3月卒業後にフランス入り。
初戦のアルビでは苦い経験をし、路面の違いで力が全く入らないことを知る。自転車の進ませ方から鍛えなおした。
その後徐々に結果が良くなっていき、優勝こそなかったものの2.3カテゴリーで2位が3回、3位が1回。後半のレースでは勝ち逃げに乗る回数も増えていった。
自信をもってネイションズカップへ挑むことができ、今の自分が世界との差は詰まっていることは確認できたがトップの強さを痛感した。
それと共に去年よりはるかに走れていることは実感でき、レースが見れるようになっていた。自分から動くこともできた。ポイントの獲得は未だ達成できていないが近づいていることは感じ取れた。
シーズンはじめと比べると強くなっている実感があり、さらに速くなれる感覚がある。
前半戦を終えて自分に足りないものはたくさんあるが、独走力、上り、スプリントどれも中途半端。
練習の中で1つ1つのメニューを意識して、身体の使い方を確認しながらトレーニングしていきたい。
後半戦ではネイションズポイントの獲得を必達目標にする。
後半戦さらに頑張りますので応援よろしくお願いします!!
そして現在JCF合宿に世界選手権のための合宿で宮古島へきています!
暑さに慣れ、また調子を上げていきます!!
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中