GP ALBIレースレポート

こんばんは。

 

日曜日に行われましたレースのレポートになりますのでよかったご覧ください。

 

 

 

レース名: Grand Prix d’Ouverture d’Albi

カテゴリー:1.2.3.j

距離:132㎞

天候:雨

コース:11km×12

ホイール: Bontrager Aeolus 3 D3 Tubular前後

ギア比:53×11

結果:DNF

 

 

フランス二戦目になるこのレースは去年初めて走ったフランスアマチュアレース。去年は何とか走りきった。というレースだったので今年はどこまでやれるのかを確かめたかった。

 

ALBIに出発する前に雨が降り出しそれは到着後も変わらなかった。

冷たい雨の降る中でのスタートとなり、60名ほどが並んだ。

Pioneerの温度計は4.8℃で、自分はしっかりと着込んでのスタートとなった。

 

コースは去年と若干の違いがあるがほとんど変わらず。ポイントは2か所の登りであることに変わりはなかった。

 

レースはコントロールラインからスタートし、最初の上りでいったん止まる。そこからのリアルスタートは去年と全く同じで勝手がわかっていた為に落ち着いてスタートすることが出来た。

 

スタート後下ってすぐにもう1つの上りへ入る。頂上付近でのアタックにより5名ほどが飛び出し集団がすぐに落ち着く。

2周目に入るころには30秒ほどまで広がり、自分としては望まない展開。次の意志のある追走を狙いレースを見た。

集団での上りの強度が高く下りきってからまた人数がまとまり始めるとペースが落ちる。去年も感じた展開になる。

様子を見つつ回していく。上りのペースが速いために前との差は目視できる距離で2周目を終えた。

大きく動き始めたのは3周目の上り。集団のペースアップにより集団が分断。10名ほどが先行し、下り区間で人を使い次の上りに入ったところで前のグループに合流。先頭が1つになりそこからアタックがある。

惰性を使ってそれに乗るが上までしっかりと踏んでのアタックでかなりしんどい。下りに入り後ろを見ると誰もおらず10名ほどの先頭になる。

そこからさらにペースを上げ自分含め4名ほどが回り後ろと差が開く。ここは苦しいがしっかりとマージンをもって上りに入りたい為に自分も回る。

しかし4周目の上り手前で吸収され一緒に回っていた選手がアタック。自分はそこで踏めずに終わってしまい寒さもあり完全に諦めてしまった。

1周流して走るもののどうしようもなくバイクを降りた。

 

完走することすらできなかったが意志をもって動くことが出来たことをプラスにとりたい。

降りてからレースを観戦していたが一緒に動きアタックした選手は次の8名のグループに対して単独先頭で残り2周を残し4”30の差を付けて独走していた。自分の感が当たっていたこともよかったがそれ以前に同じレースを走るレベルではなかった。

 

今回のレース結果は全くダメだったが自分の状態を確認できたという意味では良かったし次につなげられると感じた。

 

次週もレースなのでしっかり休んでよい状態で臨みたい。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

安定の雨男ぶりを発揮したレース。

 

今回のレースはうまくいかなかったものの感は当たっていた(次元が違う)

レースだったので良しとしたいです(笑)

 

レース降りたタイミングで雨がやみ、帰りの車では日が差しました。。。

 

そして、最近疲れが溜まっているのか寝起きもかなりひどいのと謎の筋肉痛が続いてるのはなぜ。。。?

 

 

といった具合で今日はひきこもってました。

 

クックパッド大先生に習いこんなもの作ってみました。

チーズケーキ。

 

 

甘いもの大好きです。(^▽^)/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください