2017 Colomiersレースレポート

1日に行われたレースのレースレポートになります!

 

今年初の勝利でシクロワイヤードさんにも記事として取り上げてもらいました!

是非ご覧ください!

 

レース名:GP Colomier

カテゴリー:2.3.J

距離:86km

天候 : 晴れ、曇り

コース:2㎞×43Lap

ホイール:Bontrager Aeolus 5 D3 Tubular前後

ギア比:53×11

結果:1位

 

このレースに出るのは2回目。去年は2位に終わったこのレース。何が何でも勝つという思いでレースに向かった。

前日にパリでレースを走り、限界まで追い込み700㎞の移動を経てのレースになったが自分の調子は良くレース前から勝つことをイメージできていた。

 

コースは3つのロータリーを繫いだブーメランのような形で1カ所上るクリテリウムに近いコースだった。

 

レース前は中学生以下のレースが行われ15周30㎞で行われていた。その最中に雨が降るものの自分がゼッケンをもらいに行く頃には雨が上がり、路面も乾いてきていた。

今回は当日参加で8€を払いゼッケンを受け取る。出走人数は63名だった。

 

レーススタート直後は前日の疲れもあり動きが悪く辛かったが5周ほど経つと身体が慣れてきた。

2カテゴリーのレースは初め速いものの徐々に弱る。力の差が大きいため絶対に決まるタイミングがどのレースでもある。身体を慣らすために自分からも前で動き様子を見る。

レースが動いたのは10周を過ぎたころで6名ほどが勢いよく飛び出し集団と5秒ほど差が開く。ここにはチームメイトのLeoが乗る。

集団が止まるところを見て上り区間からアタック。ついてきた選手3名ほどを引きちぎり前に合流、そのままペースを上げて逃げを決めに行く。

7名の先頭になり徐々に差が開いていく。自分の保てるペースでグループを回し安定させ周回を消化する。スプリントポイントは気にせずに勝つことだけを考えてレースを進めた。

残り半分を切った段階で逃げ切りが濃厚になる。ここからは自分の脚を残しつつレースを進める。ドゥニーも自分に抑えろとジェスチャーを送ってくる。

勝負をかけたのは残り5周。上り区間を使いペースが落ちたところでスピード差を付けてアタックすると単独で半周ほどを走る。後ろを見るとポイント賞狙いの選手とLeoがしっかりと追走に入ってくれた為に3名になり、選手をふるいにかけるがポイント賞だけが欲しいらしく3名でペースを作り逃げる。

最後のポイント賞を取らせペースを刻み、最後に2人で抜け出しゴール。勝ちを貰った。

 

今年2回目の第2カテゴリーをしっかりと勝って終わることが出来た。

低いカテゴリーだったが今年初勝利。力を展開、そして勝つことで証明することが出来た。

1年前のレースと比べても展開は似ているものの勝負をしに行く際の強度が格段に上がっておりしっかりと成長を感じられた。

この先のレースに向けてもいい流れをつかむことが出来た。この勝利を喜び、次の大きなレースへ向けて調子を上げていきたい。

 

 

 

 


 

 

 

シクロワイヤード記事はこちらからhttp://www.cyclowired.jp/news/node/230816

 

 

 

 

雨男の自分ですが、前日のレースも天候が持ちこのレースも自分が走る頃には奇跡的に乾きレース中も濡れることはありませんでした(笑)

 

写っているスタッフがスタート前に看板をもってエアギターにしていて面白かったです(笑)

 

この国のレース運営はスマートだなと感じることが多いです。

当日受付で参加でき、フランスのアマチュアレースでは当たり前の光景です!

 

日本では計測チップの返却忘れが多々あると聞きますが

フランスではゼッケンを返さないとライセンスが戻ってこない場合がほどんどです。(笑)

 

 

日本ではなかなか見られない光景ですが広まってほしいと思っています!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください