2017Nocturne de BRUCHレースレポート

先週水曜のナイトクリテリウムのレースレポートになります。

 

 

 

 

レース名:Nocturne de BRUCH

カテゴリー:1,2,3,j

距離:75km

ホイール:Bontrager Aeolus 5 D3 Tubular前後

ギア比:53×11

結果:5位 タイム差不明。

 

前年度のこのレースのチャンピオンは面手さん。2連連続の日本人優勝を狙ってレースに臨んだ。

Nocturne Bruch 2017 002

コースは四角形のようなレイアウトで起伏のあるクリテリウム。1周750mというショートコースもありいかに脚を使わずにやり過ごすかを考えた。レースは100周回で行われた。

 

Nocturne Bruch 2017 006

レースは日が落ちきる前にスタート。前回の反省を踏まえ常にアタックに反応できる位置でレースを進めた。

Nocturne Bruch 2017 013

スタートして3周目からアタック合戦になり伸び伸びの状態。チームメイトであるMAXがプッシュし続ける。

Nocturne Bruch 2017 021

数回トライして捕まるが流れは止まらず自分も逃げを試みるものの決まらず。カウンターで飛び出したMAXが単独でしばらく逃げることになった。

Nocturne Bruch 2017 035

集団がMAXを視界に捉えたところで一旦緩む。そこから単独で抜け出しMAXに合流。4名ほどがその後合流し、集団も2周ほどで繋がる。一旦脚を緩めたところでMAXからなぜアタックしないと言われる。

Nocturne Bruch 2017 050

その次のアタックの後カウンターで飛び出し逃げるとMAXともう1名が追走で追いつく。3名での逃げで2対1の状況だった為にプッシュし続ける。Nocturne Bruch 2017 049

それが捕まりアタックがかかると自分は脚がキツく反応できない。そこにMAXが乗り2名の逃げになった。

Nocturne Bruch 2017 063

集団が止まった為逃げとの差はスッと広がる。その後アタックが繰り返されるが差は詰まらない。脚を溜めつつ追走の動きに注意したが1名ジャンプされており先頭3名になっていた。

 

残り20周を切ったころには集団の個々の勢いはあるものの止まり気味になったところで単独で追走を開始。そのタイミングで自分の後ろの選手が落車した為に差が開く。後ろから追いついてきた2名SujasunのArthurと前に逃げているチーム。なるべく差を詰める為にしばらく先頭固定でプッシュし続ける。

Nocturne Bruch 2017 078

Arthurは回ってくれるものの前2名いる為に回ってくれずにアタックされ反応できない。アベレージで詰めていこうと差が詰まるものの自分のペースが落ち徐々に離される。Arthurが自分の為に発射してくれるが追いつけない。

Nocturne Bruch 2017 072

前のペースが落ちることを願い追い続けるが追走むなしく5位でレースを終えた。

 

前回より身体が戻せていることは実感できたが高い強度が出せていないことは確かだった。そのこともありアタックを繰り返すことを躊躇してしまう場面が多々あり、その中でのMAXからの言葉には目を覚まされた。

その後の勝ち逃げに乗る為のもう1回の我慢が出来なかった。更に追走している時も相手がアタックしてくることが明白だったがそれに対応しきれなかった。最後に抜け出した彼も先頭に合流していた為にそこに付く事さえできれば最終局面に加わるチャンスはあった。

 

この後はしっかりとトレーニングする期間になる為、自分の弱点と力の底上げを行っていきたい。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください