カメルーン到着

約30時間のフライトを経てなんとかカメルーンへ到着しました。

機内食4回を提供してきたエチオピア航空中心のネタで現在、時差ぼけ調整するための執筆です。

カメルーンへ向けて自宅を出発したのが日本時間の2月1日14時。そこから14:30の新幹線に乗る予定が遅延で10分ほど遅れて東京へ。その後成田エクスプレスも信号機のトラブルによる遅延でようやく成田に18時過ぎに到着。
集合時間に対して1hの余裕を見ていたが甘かった。

チェックイン。

集合してチェックイン。そばを食べて長旅に備える。

日本食最高

今回の飛行機はエチオピア航空。全く知らない航空会社だったがスターアライアンスでした。

今回搭乗した機体

機内でまず驚いたのがシートの広さ。エコノミーのなかでも広いと感じた機内はシートの角度がデフォルトの状態でやや角度が浅く、座りやすかった。

というわけで3人一致の意見でパシャり。

居心地良い感じ

うとうとしながら出てきた機内食。サーモンをチョイスすると、

機内食その1

めっちゃおいしい。お世辞抜きで美味しい。
赤いのはクランベリージュース。この味ハマりました。
いちばん驚いたのがサーモン。機内食のサーモンがこんなにおいしいと感じるとは思いもしなかった。これを食べる前にきちんと日本食食べてるから間違いはないはず。衝撃的においしかった。

機内食を食べ終わりしばらくすると外には不思議な光景が。

漁船?

なんだこれはめっちゃ綺麗じゃん。
確かここは海の上。というわけで恐らく漁船だと思われるがこんなにきれいだとは知らなかった。

漁船団?

空港周辺の夜景がとてもきれいに見えて韓国も栄えてるなぁと実感。

空港周辺の夜景

30分のトランスファーの為、仁川空港着。
本当に30分ほどで再び同じ機内に乗り込む。

ここから約12Hの旅の始まり。
割と早い段階で機内食その2が登場。

機内食その2

恐らくタラのような白身魚でした。ここについてきたデザートがプリンのようなものでバニラビーンズが入っており暴力的な美味しさでした。(笑)

その後就寝。

たまたま夜明け頃に目が覚めて朝食が登場。なんとここで機内食3回目。

機内食その3

朝食感あふれるパンとオムレツ、そしてフルーツ。

これを食べ終わると暇だったので松田のメガネ付けてみました。

いかがでしょうか。

ようやくエチオピアに到着。
空港のまわりは砂が多いのか空が砂っぽい。従業員はインディアナジョーンズで見るような雰囲気にここで変わります。

エチオピア着

国、地域の違いは空港内からしっかりと感じ取ることが出来ました。

飛行機の到着遅れの為45分間の乗り換えでカメルーンを目指す。
座る間もなく最後の飛行機に搭乗し、ここで4回目の機内食が登場。

機内食その4

ここではチキンを選択し、ホワイトソースのかかった鶏肉がメイン。
地域色が感じられる機内食は面白い。

その後爆睡し、着陸前の景色がこちら。

カメルーンの町

低い背丈の家が沢山見えます。

ここでようやく目的地のカメルーンに到着し、何時間かかったのかという計算をすることすらめんどくさく感じてしまいました。

空港の外に出ると蒸し暑い。エチオピアは過ごしやすい気温だったイメージがあったのでちょっとびっくり。

多々のトラブルがありながらもなんとかカメルーンへ来ることが出来ました。

ここで1つ面白い写真を。

蚊帳をセッティングする大前

蚊除けのスペシャリスト大前。
蚊が大嫌いな大前は日本からこんな素敵なものを持参(笑)

こちらちなみにコスプレグッズに入るらしいですよ。
本人は真剣そのもので、可愛いリボン付きです。

フランスカラーのトカゲ?

生き物の方も早速お出迎えしてくれました。

トリコロールにみえるトカゲなのかイグアナなのか、、。サイズかなりデカいです。

早速アフリカ大陸の偉大さを感じでいます。まずは体調を崩さないことを意識したいですね。

移動の車内から

明日午前は恐らくゆっくりできそうです。
がっつり眠くなったのでおやすみなさい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください