Grand Prix U-Cotes d’Armorレースレポート

昨日ブルターニュ地方で行われたレースのレポートになります。

結果は38位。順位は悪いですがEliteNationalカテゴリーでのシングルリザルトもそう遠くなさそうです。
レース中に眠くなるくらいきつかったです(笑)

↓テキストライブ
https://www.directvelo.com/direct/4106/grand-prix-u-cotes-d-armor-2019

2019/04/03

レース名: Grand Prix U-Cotes d’Armor

カテゴリー :EliteNational

距離:154㎞ 132.6km+4.3km×5

ギア比:11-28

結果:38位 TOP+04“21

132.6㎞のライン後4.3㎞のサーキットを5周で行われた今回のレース。MGは4カ所あり、最初のMGが細く急こう配で道が悪いという事だった。

チームからは5人出走し、有力チームはSoja、loudeac、Cotes d’Armor。Nantesは人数が少なかった。乗るべき逃げを見極めてくれとの監督からの指示があった。

天候はいつ雨が降ってもおかしくなく、気温は1桁。非常に寒く風もあった。

スタート後向かい風でドンパチ始まるが向かい風の為キレがあまりない。15分くらいが経過した後の上り返しでアタック。それに4名が反応し、集団からリードを取る。その後コースが上り続けた為こぼれる人と後ろからの入れ替わりがあり14名の先頭グループを形成。Soja3名がペースを作りそれに合わせて集団からリードを奪った。

ちぎれそうなペースが常に続いたが我慢すれば落ち着くと言い聞かせ逃げる。集団との差は一気に開き1分を超える。ペースは最初のMGを越えても落ちることはなくその頃にリードは2分を越えた。

こうなると逃げ有利かと思われたが風が吹いていたのと強度のばらつきがあるのが嫌だった為ローテーションを回り続ける。

MGを2つ越えてかなり苦しかったが逃げ続ける。

サーキットに入る手前最後のMGが急こう配でアタックに反応するものの脚が完全に止まりグループからドロップ。後ろから来たグループにチームメイトがいた為、そのグループを牽引。コントロールラインを通過し自分はそこからこぼれる。

その後ろのグループに食らいつき4周回消化するもののドロップ。最後はひとりで完走し、38位でレースを終えた。

今回のレースでは逃げを見極めて1発で作ることが出来た。その後も限界のペースを耐えて逃げ続けることができた。しかしそれで頭がいっぱいで休むことも考えていたがうまくごまかすことが出来ずに体力を消耗し一番残らなくてはいけない所で残ることが出来ずにドロップした。非常にもったいないレースをしてしまった。

結果としてそれが勝ち逃げになっただけに悔しいが好調であることは実感できた。

フランドルへ向けてもう一段階強くなってあのレースで生き残りたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください