今を生きるワタナベアユムが「プロ」になるまでの道のり。